バイナリーオプションで勝てない理由

バイナリーオプション

最近、バイナリーオプションが人気でみんなしているとよく聞きますが、

どんなことを注意して取引していますか?

貴重な資金を溶かさないためにも

今回は、バイナリーオプションで勝てない理由を解説していきます。。

☑今回の記事内容

       

  • 無登録の取引業者を選ぶ
  • 勘で取引をする
  • 条件が合わない取引はしない
  • 自動売買ツールを使う
  • 資金管理ができてない
  • まとめ

バイナリーオプションではやってはいけないこと

無登録の取引業者を選ぶ

バイナリーオプションではやってはいけないこと

入金ができれば出金もできます。それが通常だと思いますが、バイナリーオプションにはこの常識が通用しない業者が多数あります。

しかし、海外のバイナリーオプションを取り扱う業者による、出金に応じないなどのトラブルが実際に相次いでおり、国民生活センターや金融庁が注意喚起を行っています。

例えば、出金に10日から数ヶ月かかるケースがあったり、本人確認書類やその他の書類を送らなければいけなかったりと、お金をなかなか引き出せないような被害が頻出しています。

これらの海外の業者は日本の金融庁の管轄ではなく、金融商品取引業への登録が無登録であることがほとんどです。

見極め方としては、判定時刻までのスパンです。一般的には2時間後のレートの動きを予測しますが、そのスパンが短期間(※1分や5分後のレートを予測するなど)のサービスを提供している場合は、
日本で登録されている業者ではなく、無登録の業者ですので注意してください。

バイナリーオプションを行うのであれば、国内業者が信頼できますが国内業者は1分や5分、
15分などの短期での取引をできません。

なので海外業者の中でも、最も信頼できて実績もあるハイローオーストラリアを採用するようにしましょう。

勘で取引する

バイナリーオプションではやってはいけないこと

バイナリーオプションは初心者が多く勘や運を使ってはずっと勝ち続けることはできません。

バイナリーオプションは二者択一なので、適当に取引を繰り返しても勝率は50%に落ち着くと思われがちですが、その認識は大きく間違っています。

バイナリーオプションで利益を得る為には、正しい資金管理と知識が必須です。

ある程度、土台を作ればサインツールを使って利益を出す事はできますが、基礎的な知識は身に付ける努力をしましょう!

条件が合わない取引をしない

バイナリーオプションではやってはいけないこと

負けてしまうと取り返そうして急いでエントリーしてしまう可能性や他のところまでエントリーしてしまいます。

それだと、必ず負けてしまいます。

ですので、熱くなったら取引をやめることが大事です。

自動売買ツールを使う

バイナリーオプションではやってはいけないこと

自動売買ツールはバイナリーオプションの取引を自動的に行ってくれるツールのこです。

ツールを使っても必ず勝つわけではありません
 
あくまでも自動売買ツールは機械であり、過去のチャートの値動きのデータをもとに取引を行なっています。

ですので、バイナリーオプションは他人やツールに任せずに自分で勉強することが大切です。

資金管理ができてない

バイナリーオプションではやってはいけないこと

バイナリーオプションは、資金管理ができてないと確実に負けます。
1日のエントリーや回数を決めることです。
例えば、

・勝っても負けても1日5回までしかエントリーしない

・1日1万までしか取引しない

・2連敗したら、その日の取引はしない

など、エントリー回数や、金額の上限を決めて1日の取引をするようにしてください。

ここで注意しないといけないのは、
・○○円を目標にエントリーする
というような、ゴールを決めたルールにはしないということです。

1日の目標金額を決めてしまうと、その金額に到達できそうにない場合に
高額の掛け金で負けを取り返そうとしたり、なかなかチャンスが来ない時に
一発で達成するために高額で取引してしまう可能性があります。

それをしない為にも、制限のような形のルールを設定することをオススメします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

  
・無登録の取引業者を選ぶ
・勘で取引をする
・条件が合わない取引はしない
・自動売買ツールを使う
・資金管理ができてない

 

これが勝てない人の理由といっても過言ではないですので、この記事を参考に確実な儲けを目指してくださいね。