バイナリーオプションはパーレー法で攻略できる?

バイナリーオプション
バイナリーオプションの資金管理方法の一つにパーレー法というものが存在する。果たしてこれはバイナリーオプション攻略に有効なのだろうか?

バイナリーオプションをやっている人ならマーチンゲール法という言葉を聞いたことがあると思いますが、そのマーチンゲール法の親戚に逆マーチンゲール法とも呼ばれるパーレー法というものが存在します。

その名の通りマーチンゲール法とは逆の動きをする資金管理方法なのですが果たしてこれは有効な資金管理法なのでしょうか?

というわけで今回はバイナリーオプションなどの投資などでよく聞くパーレー法というものが何なのかについて解説していきます。

✔今回の記事内容

  • パーレー法(逆マーチンゲール法)ってそもそも何?
  • バイナリーオプションでパーレー法は使う価値あり?
  • その他マーチンゲール法派生など

パーレー法(逆マーチンゲール法)ってそもそも何?

マーチンゲール法ってそもそも何?

マーチンゲール法の逆がパーレー法と言われてもわからない人もいると思う。ここではパーレー法について詳しく解説していくよ。

もとはギャンブルでどのような賭け方をするかの戦略で最も古典的かつ有名な手法なマーチンゲール法…の派生系であり、逆マーチンゲール法とも呼ばれるパーレー法というものがあります。

ここではそのパーレー法というものがどういうものなのかをまず説明していきます。

パーレー法の賭け方

パーレー法のやり方はマーチンゲール法の逆をやるだけと、とても簡単です。取引に勝ったら次の取引で倍賭ける、それでも勝ったら次はその倍…というふうに負けるまでこれを繰り返し負けた場合は最初の金額に戻るのを続けるだけです。

もちろん延々と負けるまで続けていては損をするだけなので何連勝まで続けるのかは決めておく必要がありますが。

この資金管理法の考え方としては一回の負けで失う金額を少なくして勝ったときは大きな利益を出そう!という賭け方であり一回の勝利金額が大きくなる利点があります。

バイナリーオプションでパーレー法は使う価値あり?

バイナリーオプションでパーレー法は使う価値あり?

パーレー法がどういう賭け方をするものかは説明したからここからはバイナリーオプションにパーレー法が有効かどうか解説していくよ。

マーチンゲール方の派生であるパーレー法もまた試行回数を稼ぎやすいバイナリーオプションと相性の良い資金管理法となっています。

ですが相性が良いからと言って必ずも有効とは限らないのでほんとに有効なのか解説していきます。

パーレー法を使うと一回の勝利でどのくらい大きな利益が出る?

パーレー法というわけで実際に勝率50%、ペイアウト率2.0の条件でパーレー法を行った際の情報を10回までまとめてみました。

strong

回数 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目 9回目 10回目
連勝する確率 50% 25% 12.5% 6.25% 3.13% 1.56% 0.78% 0.39% 0.20% 0.10%
賭け金倍率 1 2 4 8 16 32 64 128 256 512
勝利時の利益 1 3 7 15 31 63 127 255 511 1023
敗北時の損失 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1

勝率はともかくどの時点で負けても損失は1、つまり最初に賭けた分以上に減ることはありません。それにしても勝率がとてつもなく低いですね…

パーレー法は結局どうなの?

この情報だけ見ても分かりづらいので試しに適当な計算をしてみましょう。

1000円で10連勝のパーレー法を行うとします。勝率が0.1%なので1000セット取引を行って1セット勝ったことにしましょう。ペイアウト率などの条件は先程の表と同じです。

999セット負けるので損失は999,000円です。そして1セット勝つので利益は1,023,000円です。

1,023,000円-999,000円=24,000円

マーチンゲール法とは結果も逆になってプラスになりました。マーチンゲール法と違って最初の1000円の勝利があれば次の取引分は勝ち分で補えるので資金管理的にも優しいですね。

マーチンゲール法よりはおすすめできるが注意は必要

マーチンゲール法はあまり有効とは言えない

マーチンゲール法のように途方もない資金が要求されないという点ではマーチンゲール法よりも圧倒的にバイナリーオプションのパーレー法はおすすめできます。

ただしバイナリーオプションにはペイアウト率があるので、手持ちの資金から追加して負けた時の損失を増やすか勝ちでもらえる分を減らすかのどちらかが必要になります。

どちらにせよ勝率50%では勝てないので、。パーレー法を使う、使わないにかかわらず様々な手法やツールを使って勝率を少しでも上げていくのが利益を上げるためには必要です。

また、負けの回数がとても多くなるのでやはりある程度の資金は必要ですし、バイナリーオプションには最大賭け金が大体決められているのでそちらもチェックして何連勝までやるのかは決めておきましょう。

その他マーチンゲール法派生など

その他マーチンゲール法派生など

今回バイナリーオプションのパーレー法について解説する中でマーチンゲール法の名前が何度も出てきたからそちらの解説もしておく。

今回バイナリーオプションのパーレー法を解説する中でマーチンゲール法という名前が何度もでてきました。。マーチンゲール法とその派生の一部についても簡単に説明していきます。

マーチンゲール法

今回何度も何度も名前が出てきたマーチンゲール法ですがこれはあまりおすすめしたくない資金管理法になります。

なぜかというとマーチンゲール法は多くの負けを一度の勝ちで取り返すことができるとはいっても賭ける金額が大きくなりすぎるなど様々な問題があるからです。

マーチンゲール法についての詳しい解説はこちらの記事でしてあるのでよければ見てみてください。

グランマーチンゲール法

大マーチンゲールとも呼ばれるグランマーチンゲール法は、賭けに負けたら2倍の金額に最初にかけた金額を足して次の賭けを行い、これを勝つまで繰り返すというものです。

例えば最初に1000円賭けて負けたら、次は1000円の2倍の2000円+最初に賭けた1000円で3000円で賭けを行い、それでも負けたら2倍の6000円+最初の1000円…というふうにこれを勝つまで繰り返します。

そうすることで勝った場合に(賭けた回数+1)×1000円の利益を出そうという賭け方です。

これはマーチンゲール法をより攻撃的に行う方法で、マーチンゲール法よりも勝った時の利益は大きくなるのですが負けた時に増加する掛け金も多くなってきます。