ハイローオーストラリア口座開設時の審査に通らない!

バイナリーオプション
ハイローオーストラリアで口座開設しようとしたら本人確認で承認されなかった…そんな時どうすればいいのか今回は解説していくよ。

ハイローオーストラリアの口座を解説しようとしたら本人確認書類の審査が通らなかった!そんな時にはどうすればよいのでしょうか?

今回はハイローオーストラリアの口座開設時に必要な本人確認書類の審査を無事に通すためにどのようなことに注意すればよいのかなど解説していきます。

✔今回の記事内容

  • 本人確認書類の提出時の注意点
  • よくある承認が通らない理由

本人確認書類の提出時の注意点

本人確認書類の提出時の注意

あたりまえだけど提出する書類自体に不備があったら承認されないから注意しよう。

提出する本人確認書類は決められたものが2種類必要です。まずは提出した本人確認書類に不備がないかを確認してみましょう。

本人確認書類の種類

本人確認の書類は以下の二つが必要となっております。

  • 写真付本人確認書類として次の内1点
    • 自動車運転免許証
    • マイナンバーカード(顔写真つきでプラスチックのもののみ)
    • パスポート写真欄+住所自書欄(見開きで反対側のページ含む)
  • 6か月以内に発行された公共性の高い郵便物1点(紙媒体の明細書でもダウンロードできるPDF明細でも可)
      • 公共料金や携帯電話などの明細書
      • クレジットカードの明細

      など…

これらの書類を写真に撮るなどして準備する必要があります。ダウンロードできる明細書を使う場合スクリーンショットはNGです。注意しましょう。

本人確認書類のアップロード注意点

提出する本人確認書類の画像には細かいルールがあります。

  1. 有効期限内の書類であるか
  2. カラーになっているか、原本の写真であるか
  3. ファイル形式がjpg, jpeg, bmp, png, pdfかどうか
  4. 四隅が少しでも欠けていないか(余白でも)
  5. 文字や画像が明瞭であるか
  6. 一部でも隠れていたり、折りたたまれていないか
  7. 口座登録時に入力した住所と写真の住所が一致しているか
  8. 【郵便物のみ】氏名、現住所、発行会社名が印刷により明記されているか
  9. パスポートは、反対側に強く折癖をつけ、手指や物で押さえこんで撮影しない
  10. パスポートは、顔写真や住所欄でない反対側のページも含め欠けないよう撮影する
これらのうち一つでも条件を満たしていない場合承認されないので注意しましょう。

どうして承認が必要なの?
ハイローオーストラリアでの口座開設で本人確認が必要なのはマネーロンダリングを防ぐために身元がはっきりしている人であるのを確かめるためです。
提出する書類が2種類だったり細かい指定があったりなど、国内の業者よりも審査の基準が厳しいです。

よくある承認が通らない理由

よくある承認が通らない理由

ここでは承認が通らない場合によくある理由とその対策を解説していくよ。

ここではハイローオーストラリアの口座開設で承認が通らない理由としてよくあることを解説して行きます。

すでにハイローオーストラリアの口座を所持している

「ハイローオーストラリアのサブ口座を作ろう!」という理由や「IDやパスワードを忘れたから口座作り直そう…」という理由で口座開設をしようとしている人もいるかもしれません。

ですがハイローオーストラリアでは同一人の複数口座の所持を禁止しており、発覚した場合規約違反で両方の口座を強制解約する場合もあると書いてあります。

ハイローオーストラリアでの複数口座の所持が禁止されている以上、同一名義での別口座の申請は規約違反で承認が通りません。もし複数口座が必要なのであれば別の業者を使うなどして対処しましょう。

もしIDやパスワードを忘れてしまった場合はこちらの記事も参考にしてみてください。

口座凍結中である

前の項目でハイローオーストラリアでは同一人の複数口座の所持を禁止しているといいましたが、口座が凍結中だからと言って新しい口座を作ることが許されるわけではありません。

口座凍結するたびに新しい口座を作られては口座を凍結する意味がまったくないので当たり前と言えば当たり前ですが…口座が凍結されているときはまずサポートに連絡して口座凍結を解決することから始めましょう。

本人確認書類の情報などに問題がある

ハイローオーストラリア口座開設で最初に入力した情報と、本人確認書類に記載されている情報は同じものである必要があります。

よくあるミスとして、引っ越しなどをしているため記載されている住所が違うというものがあげられます。免許証などであれば裏面に変更後の住所が記載されるためそちらも一緒に送信する必要があります。

氏名の入力時に間違えた漢字を入力している場合や、そもそも名前を間違って入力している可能性もありますので情報を入力するときは注意して入力するようにしましょう。

ごねたら承認通してくれるのでは?

ハイローオーストラリアには日本語でのサポート対応があるので、電話やメールでごねて何とか通してもらおうと考えてる人もいるかもしれません。

しかしハイローオーストラリアはオーストラリア金融当局の監督下で営業していることもあり、そのあたりのルールに対しては厳しくなっているのでごねて承認を通してもらうのは基本的に不可能です

本人確認書類の再送などの指示に従えばスムーズに手続きをしてもらえるのでおとなしく指示に従っておきましょう。