バイナリーオプションって税金がかかるの!?

バイナリーオプション
バイナリーオプションで利益をだしてると税金がかかることがあるということを知らない人は多いと思う。今回はそんな人たちのためにバイナリーオプションで発生する税金について解説するよ。

バイナリーオプションをずっとやっていると大なり小なり利益が出てくると思います。そうすると、あれ?これって収入になるから税金がかかるのでは?という疑問が出てくると思います。

というわけで今回は、バイナリーオプションで発生する税金はどのようなものなのかについて、簡単に解説していきます。

✔今回の記事内容

  • バイナリーオプションは税金を払わなければならない?
  • バイナリーオプションで発生する税金ってどうなるの?
  • バイナリーオプションの税金についてまとめ

バイナリーオプションは税金を払わなければならない?

バイナリーオプションは税金を払わなければならない?

バイナリーオプションで儲けたら税金は発生する。まずはそこについて詳しく解説していくよ。

まずタイトルにも書いているバイナリーオプションで儲けが出たら税金は発生するの?という疑問に答えると、「一定以上の利益が出ているなら税金は発生する」が答えとなります。

基本的に何らかの形でお金を手にしている以上税金は発生し、バイナリーオプションも例外ではありません。これだけの説明ではよくわからないと思いますし納得もできないと思いますので詳しい解説を行っていこうと思います。

どれくらい利益を出したら税金がかかるの?

どれくらい利益を出したら税金がかかるの?

じゃあどれくらいの利益が出たら税金が発生してしまうの?という疑問の答えですが、これは他に所得がある、扶養に入っているなどその人の条件によって変わってきます。

一年間で得た利益が会社員の方なら20万円以上、専業主婦や専業トレーダーなどの方は38万円以上の場合に、確定申告が必要となります。

✔税金の金額は損益で決まる
入金や出金の金額に対して課税されると勘違いされがちですが、そうではなくエントリー結果の損失と利益に対して税金がかかるので注意しましょう。

別に払わなくても大丈夫って聞いたけど…

別に払わなくても大丈夫って聞いたけど…

もしかしたら数十万稼いでいるくらいじゃ何も言われずにすむかもしれませんが、税金を納めるのは国民の義務ですし、もしばれた場合には払う必要のあった税金だけでなく付帯税と呼ばれる罰金を上乗せして支払う必要があります。

なので、少ない金額の利益でも確定申告が必要ならばきちんと申告して税金を支払うことをおすすめします。ちなみに脱税の発覚が遅くなるほど罰金の金額は大きくなります。

✔付帯税の種類

  • 延滞税(国税通則法60条)
  • 利子税(国税通則法64条)
  • 過少申告加算税(国税通則法65条)
  • 無申告加算税(国税通則法66条)
  • 不納付加算税(国税通則法67条)
  • 重加算税(国税通則法68条)

バイナリーオプションで発生する税金ってどうなるの?

バイナリーオプションで発生する税金ってどのくらい?

次は税金はどれくらい払わなければならないの?という疑問に答えていくよ。
バイナリーオプションで利益を出した場合に払わなければいけない税金は使っている業者が海外業者か国内業者かなど、様々な要素によって変わってきます。

この項目では海外業者と国内業者でどのように税金が変わってくるのかについて説明していきます。

海外業者と国内業者の違い

海外業者と国内業者の違い

バイナリーオプション海外業者と国内業者での税の違いは以下のようになっています。

海外業者 国内業者
業者の例 ハイローオーストラリア、ザ・オプション、ファイブスターマーケッツなど GMOクリック証券、FXプライムbyGMO、FXトレードフィナンシャルなど
税種 総合課税(雑所得) 申告分離課税
税率 給与などを含む所得による 一律20.315%

簡単に言うと海外業者の場合は副業のように、給料などと合わせて税金の計算をする、国内業者はバイナリーオプションの利益単体に対して一律の税金がかかるということです。

給与がよほど高くない限りは海外業者のほうが税金が安くなる傾向にはありますが、国内業者には過去3年分さかのぼって損失の繰越控除が出来るという利点はあります。

バイナリーオプション海外業者の税金計算

バイナリーオプション海外業者の税金計算

バイナリーオプション海外業者で取引を行った場合は取得の扱いが雑所得となるので、税金は給与所得と雑所得等を合わせて計算します。

所得の合計ごとの税率と控除金額は以下のとおりです。

課税される所得金額 控除額 税率
195万以下 0円 5%
195〜330万円 97,500円 10%
330〜695万円 427,500円 20%
695〜900万円 636,000円 23%
900〜1800万円 1,536,000円 33%
1800〜4000万円 2,796,000円 40%
4000万円以上 4,796,000円 45%

海外バイナリーオプションの税金の計算は、

(給与所得+雑所得)−控除額×税率

となります。

たとえば給与所得が150万、バイナリーオプションなどの雑所得が200万として計算すると、合計金額が350万円なので次のようになります。

(3,500,000円-427,500円)×20%=614,500円

この場合バイナリーオプションの利益にかかる税金はこの内の約23万円ほどとなります。

バイナリーオプション国内業者の税金計算

バイナリーオプション国内業者の税金計算

バイナリーオプション国内業者での取引の場合は申告分離課税として扱われるので給与所得とは別に計算されます。

国内バイナリーオプションで200万利益を出した場合、税率は一律20.315%なので、

2,000,000円×20.315%=406,300円

この金額がバイナリーオプションの利益に対してかかる税金となります。

また、バイナリーオプション国内業者の場合過去3年分さかのぼって損失の繰越控除が出来ます。

つまり、1年目が-50万、2年目が-150万、3年目が+300万円とすると課税の対象となるのは合計の100万円のみとなります。

バイナリーオプションの税金についてまとめ

バイナリーオプションの税金についてまとめ
今回のまとめ

  • 1年間の利益が会社員の人なら20万円以上、専業主婦や専業トレーダーなどの人は38万円以上で税金が発生する。
  • バイナリーオプションの税金は入出金の額ではなく取引の損益で決まる!
  • 脱税はばれると罰金!遅くなるほど罰金は増える。
  • バイナリーオプションの税金は海外業者の場合給与と合わせて計算、国内業者の場合バイナリーオプションの利益単体に一律税率で計算!

バイナリーオプションで大きな利益を出した場合には、それだけ税金もかかってくるということを理解していないといざ確定申告するときに「こんなに税金がかかるの!?全額使っちゃったよ!」ということになりかねません。

なのでバイナリーオプションである程度利益が出てきたら、すべて使い切ってしまわずに税金に払わなければならない分としてある程度残しておくようにしましょう!